北九州紙「えこっパー」寄付金贈呈式を行いました。

贈呈式は、平成29年8月4日(金)14時より、北九州市立商工貿易会館で行われ

弊社より、専務取締役 田北信行が出席し、北九州活性化協議会 理事長の小嶋一碩様に寄付金の贈呈を行いました。

北九州紙「えこっパー」は平成13年から販売がスタートし同年より、えこっパー売上の一部の寄付を行い、

その寄付金は北九州市民の教育・文化向上の為に活動している団体への助成金事業の一部となっております。

2017年7月18日、日本生活協同組合連合会様より感謝状を頂きました。

弊社は日本生活協同組合連合会様によるアンゴラの子どもたちへの教育支援『コアノン スマイルスクールプロジェクト』に協力させて頂いております。

6年間、日本ユニセフ協会様を通じてアンゴラ共和国様を支援してきたことに対し、日本生活協同組合連合会 第一商品本部 田辺本部長より感謝状を頂きました。

日本ユニセフ協会より表彰されました。

2016年12月21日、日本ユニセフ協会より表彰されました。

弊社は日本生活協同組合連合会様によるアンゴラの子どもたちへの教育支援『コアノン スマイルスクールプロジェクト』に協力させて頂いております。

CO・OPコアノンロールやCO・OPやわらかワンタッチコアノンロールを1パックご購入頂くと、1円が日本ユニセフ協会様を通してアフリカのアンゴラ共和国に寄付されます。

寄付金は「子どもにやさしい学校づくり」を支援しております。

「備蓄用パルプ100%トイレットペーパー 1R」を発売いたしました

平成28年4月14日に発生した「熊本地震」でトイレットペーパー不足が大きな問題となりました。

今回、発売した「備蓄用パルプ100%トイレットペーパー 1R」は、とても柔らかく

トイレ以外でも、食器を拭くなどの用途でも使用することができます。

また、1R(1個入)のため、非常用持出し袋やリュックサック等のかばんにも入り、携帯性にも優れています。

日本は地震大国と呼ばれるほど地震が多く、いつどこで地震が起きても不思議ではありません。

ぜひ、この機会に災害への意識を高めていただき、自分自身、ご家族を守るために今できる準備をしていただきたいと思います。

「義援金シール付き くまモンのプリント12RW」を発売いたしました

平成28年4月14日に発生した熊本地方を震源とする地震によって被災された方々を支援する為

売上の一部が熊本・大分地震の義援金となるトイレットペーパーの販売を始めました。

対象商品は『くまモンのプリント12RW(せっけんの香り、いちごの香り)』の

2種類で、価格はオープン価格となっております。くまモンとめじろんが描かれたステッカーが目印です。

20万パック限定で販売し、1パックにつき、5円が義援金にあてられ、日本赤十字社に寄付する予定です。